まずは予防しよう

the blister packs

カンジダの症状は、かゆみとおりものの変化があります。かゆみだけだと、あまり問題視されないですが、カンジダは感染症なので人に感染します。特にタオルなどで感染する可能性が高いです。お風呂上がりに拭いたタオルを家族と共用してる場合は、なるべく家族と別のタオル使用し、感染が広がらないようにしてください。また予防策としては、陰部が蒸れるとカンジダの原因となるカンジダ菌が増殖します。なので下着は通気性のいいものを選び、蒸れることをさせるようにしてください。紙ナプキンなども生理以外にしている場合、そこから繁殖が始まる可能性があります。そういった増殖を増やさないために、できることはたくさんあるので予防策として行ってください。

カンジダの症状が現れたと感じた場合、婦人科や産婦人科での検査を行ってください。カンジダにも種類があるので、種類により薬が変わってきます。カンジダと思っても、類似疾患はいくつもあり自分独断で判断し薬を買うと、効き目感じられず治療に時間がかかってしまいます。カンジダは膣カンジダと言われ、オキシコナゾール硝酸塩などの抗真菌薬が有効です。薬は基本的に塗り薬が多いです。飲み薬だと完治まで時間がかかるので、実際の患部に直接塗る塗り薬が効果的です。薬に関しては一般の薬局でも購入が可能です。薬局でも使用場の注意、自分に当てはまるものがあるのか実際に確認し買うことをお勧めします。肌が弱い人はパッチテストなどを行いようにして、事前に肌トラブルを避けれるようにしてください。