症状の中身とは

the white tablets and money

おりものがいつもと違っていたり、陰部にかゆみがあったら、それはカンジダの症状かもしれません。膣カンジダは性病とは異なり、性交渉がなくても発症するのが特徴です。もともと人間の体内に存在している菌の一つで、免疫力の低下や妊娠、抗生物質の服用による善玉菌の減少などにより膣カンジダは発症しやすくなります。その症状は、おりものの異常とかゆみが主です。カッテージチーズ状のおりものが続いたり、陰部や膣内にかゆみが生じます。こういった症状に気が付いた時は、早めに婦人科か性病科のある病院を受診すると良いでしょう。早期発見できれば、不快感を最小限に抑えることができます。再発した場合は、市販薬で症状を和らげることも可能です。ドラッグストアーやネットショップでも手に入ります。

カンジダは一度かかると再発しやすいことで知られています。そのため、日ごろから心身ともに健康的な生活を維持することは大切です。早寝早起きとバランスのとれた食事を意識することで、カンジダ再発のリスクを低減することが可能です。カンジダは痛みを伴うことは少ないものの、不快感は言葉では言いようがないほどです。再発しないためにも、サプリメントなどを取り入れて手軽に食生活のバランスを整えるのも良いでしょう。ヨーグルトにも免疫力アップの効果が期待できます。また、もしも再発した場合は、速やかに治療することで不快感を最小限に和らげることができます。性交渉によりパートナーにもうつる場合があるため、早めに治療しておきたいものですね。